ホーム

目的意識を持ちながら、森の中で静養」
ワナカセット スリランカは、キラニ川沿いの神聖なるキトゥルガラの熱帯雨林の中にあります。ここからは息をのむほどに美しいキトゥルガラ谷、そこに広がる素晴らしいお茶畑や、際立つ高原の景色が望めます。この森が創る特別な環境は、のどかさやプライバシーを求めて訪れる人たちにとって天国のような場所です。

ワナカセット スリランカ
ワナカセット フランス

「目的意識を持ちながら、森の中で静養」
ワナカセット ピレネー オリエンタルズは、西ピレネー山脈の山腹、コート ベルメイユの地中海が望めるアルベール山の丘陵に位置しています。
この森が創る特別な環境は、のどかさやプライバシーを求めて訪れる人たちにとって天国のような場所です。

previous arrow
next arrow
Slider

私たちがしている活動の詳細は

ワナカセットでは森や持続型農業、アグロフォレストリー(混農林業)を守るため、古来の伝統的な農業方法を推奨することにより、森が健康的な土を創り出せるための支援をしています。ここは人間やその他の生物が自然の生息地の中で生活でき、日常から離れることのできる場所です。私たちは微生物、菌類、虫、植物や動物など自然に生きる生物との共生関係を失わないよう、またその関係を強化していくよう努めています。

ワナカセットとは、タイ語の「ワナ(森)」「カセット(農業)」の2つの言葉からできたものです。それは森林農業、またはアグロフォレストリーを意味しています。

歴史

私たちが大切にしているフランスのピレネー山脈にある森には、ローマ帝国が築かれる以前から、人間に食べものを供給して来たという痕跡が見つかっています。人々は何百年もの間生き残った台地を耕して、野生の森の真ん中で家庭菜園やその他の収穫物を作りました。戦争への社会資源の動員と木の大量使用は、急成長する木々を溢れさせました。そしてまもなく、コルクガシやオークの木、その他の木々も、木炭製造へと利用され始めました。こうして、カニグー山の豊富な鉄鉱石を活かし、地元の活性化を促しました。

複雑な気候、度重なる森林火災と変化する経済が少しずつ風景を変え、森は70年間放置されました。

ライフサイクル

痛みを伴い、劇的な変化なように聞こえたとしても、地球上のほぼ全ての土地は変化を遂げてきて、そしてこれからも変わっていきます。いくつかの事例の1つとして、過放牧と農業は数百年の時間をかけて、数百平方キロメートルの土地を何も無いの砂漠にしました。それでも遅かれ早かれ、再度生命は引き継がれていきます。

私たちが今重要視していることは、異なった種類の果実の木や食用葉の木、花やその他の植物を植えることで、生物の多様性を通じての土壌の復元を加速させることです。私たちは残っている森の生物に変化を与えたり邪魔することなく、植物社会学の実験をしています。

今後数十年の間に、多様性に富んだ様々な生き物を魅了し、健康的な土壌を生みだす健全な場所になるかもしれません。